President.jpg
恒久不変 日々革新  ―常に変わらず、たえず新しく―

私たちエンパイヤ自動車は今をさかのぼること100余年前の1913年(大正2年)、東京市日本橋区(現・東京都中央区)にその産声を上げました。以来、変わることなく自動車部品・用品の卸商として、2013年(平成25年)4月10日に100周年を迎えました。

「恒久不変」、「日々革新」を経営理念とし、常に進化を続ける自然界の生命力のように環境の変化への対応を怠らず、また独創的な精神を持って絶えず革新的に未来へ前進する所存です。
恒久不変とは、信頼がすべての基盤であること、お客様の満足が第一であること、誠実と和のもとに無限の繁栄を目指すこと。
日々革新とは、新しい文化を創造すること、独創的な思考を持つこと、社会の変化やニーズの変化に対応すること、グローバルな視野を持ち国際化と情報化を進めること。

永続する企業の条件とは、信頼されることと言われます。私たちエンパイヤ自動車は、100年の歴史を通して育んできたお客様からの信頼をこれからも失うことなく、さまざまなお客様のニーズに常に変わらない姿勢と絶えず新しい視点でお応えしながら、社会の発展に貢献してまいります。

秋葉 幸久
このページのトップへ