1913年(大正 2年) 柳田諒三氏、東京市日本橋区呉服町(現中央区日本橋通2-2)にエンパイヤ自動車商会を創設。エンパイヤ号、クローエルハート号の輸入販売を開業。
1925年(大正14年) 日本フォード自動車会社発足と同時に代理店となる。 芝浦にサービスステーションを設置。萬歳貿易商会(現(株)バンザイ)と業務提携、フォード車以外の部品・機械工具などの取扱を委譲。
1933年(昭和 8年) オアシスガソリンサービスステーション(現(株)ニューオアシス)を設立。
1939年(昭和 14年) エンパイヤ自動車株式会社となる
1945年(昭和20年) 本社社屋および店舗が戦災を受け一部修復。終戦後、部品・用品の卸売ならびに輸出を再開。
1946年(昭和21年) 日野重工業(株)(現日野自動車工業(株))製トレーラー、バス、トラックの日本総代理店となる。
1948年(昭和23年) ニューエンパイヤモーター(株)を設立。フォード代理権を復活継承。
1950年(昭和25年) 資本金600万円。関東日野ヂーゼル販売(株)(現東京日野自動車販売(株))を設立、日野重工業(株)の代理権を委譲。
1953年(昭和28年) 資本金1,000万円。
1957年(昭和32年) 資本金3,000万円。上島三男人社長就任。
1965年(昭和40年) 資本金1億円。(株)オート用品設立。
1969年(昭和44年) 資本金1億6,800万円。電子計算機による商品管理方式の導入ならびにテレックスを設置。(株)西日本エンパイヤ設立。
1971年(昭和46年) 資本金2億160万円。本社を日本橋から八丁堀に移転。
1972年(昭和47年) (株)エンパイヤビル設立。本社エンパイヤビル落成。
1973年(昭和48年) アメリカ駐在所設置。上島三男人会長、岩波角平社長就任。
1974年(昭和49年) 資本金2億5,000万円。
1976年(昭和51年) シンガポールに現地法人Empire Industries Pte, Ltd.設立。
1977年(昭和52年) 大型電子計算機<UNIVAC/1106>導入、オンラインリアルタイムによる全国ネットワーク完成。
1983年(昭和58年) 大宮流通センター開設。社史70年史編纂。
1987年(昭和62年) 大阪流通センター開設。
1988年(昭和63年) 福岡流通センター開設。
マレーシアに現地法人Empire Motor (Malaysia) SDN. BHD.設立。
1989年(平成 1年) 資本金3億円。東北流通センタ-を開設。
1991年(平成 3年) 高輪エンパイヤビル新築落成。
1993年(平成 5年) 創業80周年(4月10日)。名古屋流通センターを開設。
1994年(平成 6年) 福岡流通センター社屋を新築移転。
1995年(平成 7年) 札幌流通センターを開設。移動通信営業部を設置。岩波角平会長、小尾好市郎社長就任。資本金3億6,000万円。
1997年(平成 9年) 資本金4億3,200万円。
1998年(平成10年) 首都圏ロジスティクスセンター開設。
1999年(平成11年) 会社組織を6本部制とし会社機構の改革を行う。小尾好市郎会長、田口滋社長就任。
2002年(平成14年) 上海に駐在員事務、日本恩拜?自??株式会社上海?事?の設立。
2003年(平成15年) 創業90周年(4月10日)。
2004年(平成16年) 田口滋会長、井出昉(日偏に方の字)成 社長就任。
上海に現地法人恩拜?汽?配件?易(上海)有限公司の設立。
2006年(平成18年) 資本金4億6,440万円。
橋詰武敏会長・井出昉(日偏に方の字)成 社長就任。
タイにバンコク駐在員事務所の設立。
2007年(平成19年) 資本金 5億68.8万円。
2008年(平成20年) 井出昉(日偏に方の字)成 会長・木村亨社長就任。
2009年(平成21年) タイに現地法人Empire Motor (Bangkok) Co., Ltd.設立。
2010年(平成22年) 秋田デリバリーセンターを開設。
2011年(平成23年) 木村亨会長・秋葉幸久社長就任。
2012年(平成24年) 松山デリバリーセンターを開設。
2013年(平成25年) 4月10日、創業100周年を迎える。
2015年(平成27年) 本社エンパイヤビル建替えに伴い本社機能を仮事務所へ移転。下松出張所を開所。札幌営業所を移転。
ウチダオート㈱設立、埼玉県の新車・新古車販売ディーラーより自動車販売に係る全事業を譲受。
2016年(平成28年) 大阪第二営業部を移転。
2017年(平成29年) 本社 新エンパイヤビル新築落成。

このページのトップへ